ファッションの流行と洗脳

ファッションを選ぶ上で誰しも世の中の流行の影響を受けていてそこから逃れることは出来ません。

マクロ的な流行、ミクロ的な流行といろいろあるのですが、俺は流行なんて気にしないよという人にも
流行という洗脳の影響は及んでいるわけです。

例えば、紋付袴を着ればいいのに洋服を着ているのはその影響でうね。マクロ的に見れば
流行りに影響を受けていることになります。

そして時間とともにオシャレとされたものがダサいというレッテルをはられるのです。
それからダサいとされていたものがある程度時間を掛けてかっこいいとされることもあります。

例えば、タブーとされていた着こなしであるシャツのタックインなどまさしくそうですね。
あるいみオタクがママから言われてやっているのでダサいと言われて反抗期のイケてる男女は
シャツをズボンから出すわけです。そのだらしなさがオシャレに繋がっていたのですが、
今度はモデルやファッション誌たちがそれを『あえて」という言葉を掲げてオシャレなものとして
定着させるのです。

その手法というのはまさしく洗脳でモデルやファッション雑誌に踊らされているに過ぎません。
物事の本質が見えてないのでマスコミに洗脳されてそのまま信じてしまう愚かな大衆であることと
変わりません。

何時の時代でも一部の人間がムーブメントをしかけて大衆は踊らされるのです。
それを顕著にみることが出来るのがファッション業界ということですね。

マネキン買い メンズ