ジェラルド・マクラレン

ミドル級の歴代ナンバーワンパンチャーを選ぶとしたら必ず上位に名前が出てくる選手は

ジェラルド・マクラレンです。そしてもうひとり忘れてはいけない選手がジュリアン・ジャクソンですね。
おそらくこの二人がナンバーワンパンチャーの1,2を争うのではないでしょうか?

マクラレンのパンチはまるでショットガンをぶっぱなしたような迫力があります。
怒り肩で黒人特有の長いリーチで放つ強烈なストレートにわずか1ラウンドで沈んでいった選手は
数知れません。

KOの早い即決型の選手でしたが、1ラウンドKOがそのほとんどを占めます。
そのためかスタミナに不安があり、最後の試合は序盤に倒しきれず生き延びられ、
後半にスタミナ不足を突かれてしまいました。

もしあんな事故にならなければ、どんなビッグマッチがあったのか考えると
残念でしょうがありません。ロイジョーンズ戦、ジェームズ・トニー、バーナード・ホプキンス、
とのスーパーファイトを見てみたかったです。

債務整理バレない