フロイド・メイウェザー

 

フロイド・メイウェザーは現役でパウンドフォーパウンドNO1と言われている選手です。
世界タイトルを初めてとったのは1998年のヘナロ・エルナンデス戦でした。

エルナンデスは日本でもお馴染みの世界チャンピオンで、渡辺雄二など日本の
選手を退けてきた安定王者でした。
なので、まだ挑戦するのは早いんじゃないか?と心配されていました。

当時メイウェザーは若干21歳、未来のホープをこの試合で潰してしまうのは
惜しいと考えるのはボクシングファンとして当然の意見でしょう。

しかし蓋を開けてみると試合は終始メイウェザーペースで運びました。
途中でエルナンデスは古傷の鼻を痛めながら闘いましたが、
メイウェザーのスピードとテクニックにベテランが翻弄されて
メイウェザーの勝利になりました。

それからメイウェザーの名勝負はディエゴ・コラレス戦です。
残念ながらコラレスは事件に巻き込まれもうこの世にはいないのですが、
このとき両方共全勝でWBCとIBFの統一戦という形で対戦しました。

序盤はコラレスがスーパーフェザー級にしては規格外の体でプレッシャーを
かけながら近づいていった所メイウェザーがスピードになってジャブや
左フックなどを放っていきました。

序盤はコラレスもメイウェザーのパンチを上手く外しながらプレッシャーをかけていましたが、
途中からパンチをヒットされだして左フックで膝をつくダウンを奪われてしまいます。

これまでの試合で打たれ強かったこられすが、
非力と言われていたメイウェザーのパンチでダウンするのが意外でしたね。

それからはコロコロとダウンさせられるようになり、
最終的にはセコンドがストップを要請しメイウェザーの勝利で終わりました。
メイウェザーの強敵が相手の時の集中力とパフォーマンスの高さが
この試合で証明されましたね。